セキュリティープラス

15.05.19

セキュリティープラス

キーレスコピーガード

車両盗難増加の話。

スマートキーを狙う電波ジャック盗難が急増!

盗まれるのには理由がありまして
電子キー(スマートキー)のお車が最近盗まれています!


近年車両盗難手口は多様化しており、イモビカッター、キープログラマー、*電波ジャックなど様々な手口によって 最新技術を搭載した車両でも多数盗まれているのが現状です。 大切なあなたのお車も窃盗団にかかれば簡単に盗まれてしまいます。 そこで愛車を守るにはセキュリティーが必須の時代です。

 

スマートキーの電波を不正にコピーして、一瞬で車を盗んでしまうやり方。
スマートキーの電波ですから、純正セキュリティは勿論、キーレス連動の社外セキュリティも盗まれます。

この度、「 リレーアタック」 「 キープログラマー 」 対策として 「 キーレスコピーガード 」 という商品の取り扱いを開始します!

御好評いただいておりますので、パッケージ化いたしまして販売いたします。

YUPITERU Grgoパッケージ

 Grgo本体 + 純正キーレスアダプタ + キーレスコピーガード 

 ■Grgo-ZXⅢ  通常¥175,000-(税別) のところを ¥158,000-(税別)

 ■Grgo-XⅢ   通常¥163,000-(税別) のところを ¥146,000-(税別)

 ■Grgo-01/VⅡ  通常¥120,000-(税別) のところを ¥103,000-(税別)

その他のオプションとも併用できます。お問い合わせください。

VIPERパッケージ

VIPER本体 + キーレスコピーガード

 ■VIPER330V 通常¥97,800-(税別) のところを ¥80,800-(税別)

その他の本体等はお問い合わせください

ドライブレコーダー連動

全天球型ドライブレコーダーとGRGOセキュリティーで駐車監視を強化!

もともとこのセキュリティーは警備中に異常を検知するとドライブレコーダーを起動する機能があります。

従来のドラレコは当然のことながら前方を映すことを目的として取り付けされているためサイドや後方の撮影はできません。また駐車監視を強化する場合は前方用途別にサイド用や後方用を別途追加して頂く必要がありました。

 

具体的には警備中、振動のセンサーや人影のセンサーなどが反応するとドライブレコーダーを起動して録画してくれます。窃盗団だったり、当て逃げだったり、いろいろな状況の中で起きた事象に録画という形で証拠を残してくれるというのが連携のメリットです。

ここで登場したのが全天球型のドライブレコーダーmarumie Q01です。 これとの連携によりひとつのドライブレコーダーで全周が撮れてしまいます。

警備中の異常時に、それが車上狙いか窃盗団か、もしくは当て逃げかもしれませんがその時の車の周りの状況が記録されますので駐車監視としては素晴らしい組み合わせです。そしてこのパッケージは振動が入る前の人影などに反応してくれるマイクロ波をセットしています。ですので振動を入れられる前の未遂の段階の画像も記録できます。何かが起きたときにはこれが動かぬ証拠となるかもしれません。

もちろん、走行中はドライブレコーダーとして機能します。

またQ01単体で使用の場合は駐車監視のためにマルチバッテリーを組み合わせ最大12時間までの駐車監視を行えますが、週末しか車に乗らない・・・そんな場合には12時間では全く足りません。しかし、セキュリティーとの組み合わせなら異常時のみ記録するのでマルチバッテリーを購入することもなくバッテリー上がりの心配も少なくなります。

YUPITERU Grgoパッケージ

Grgo本体 + ドライブレコーダーQ-01  + 連動ケーブル 

 ■Grgo-ZXⅢ  通常¥180,600-(税別) のところを ¥165,600-(税別)

 ■Grgo-XⅢ   通常¥168,600-(税別) のところを ¥153,600-(税別)

 ■Grgo-01/VⅡ  通常¥147,600-(税別) のところを ¥132,600-(税別)

その他のオプションとも併用できます。お問い合わせください。

 

一覧へもどる >>